カルグルト 食後

カルグルトを飲むなら食後がおすすめ!理由はこちら!!

腸内環境を整えるために、せっかくカルグルトを飲むのなら、より効果的な飲み方をしたいものです。
乳酸菌の効果をより発揮させるためには、食前・食後のどちらが良いのでしょうか。
空腹の時に飲むと吸収が良さそうな気がしますが、カルグルトを飲むなら「食後」が断然オススメです!
なぜだと思いますか?

 

なぜなら、空腹時は胃酸の濃度が高いのですが、乳酸菌は一般的に胃酸に弱い特徴があるんですね。そのため、食前に飲むと胃酸の働きに負けてしまいがちになるんです。カルグルトに含まれる乳酸菌は、通常の乳酸菌と比較すると熱や胃酸に強い性質がありますが、それでも胃酸が弱いタイミングに飲む方が効果を発揮しやすいです。食後ですと様々な食料が胃の中にあるため、胃酸の濃度が薄くなっていますので、腸の奥まで乳酸菌が行き届くことができます。できるだけ多くの乳酸菌を生きたまま腸の奥まで送り届けるために、カルグルトは食後に飲むようにしましょうね。

 

食後にカルグルトを飲むこと以外に、心がけていただきたいことがあります。それは、「毎日カルグルトを飲み続けること」です。
なぜなら、乳酸菌は体内に入った後はわずか数日で体外に排出されてしまうので、腸内環境や体調を改善するためには毎日、新たに乳酸菌を取り入れる必要があるのです。
また、今まで腸内環境が不調のため、カルグルトを飲み始めた方は、最低限2週間は継続することが重要になります。腸内細菌のバランスに好変化をもたらすには、どうしても一定の時間が必要なんですね。

 

さて、食後にカルグルトを飲むとして、朝昼晩のどのタイミングで飲むのが良いのでしょうか。まず肝心なことは「毎日飲み忘れなく続けること」ですので、自分にとって思い出しやすいタイミングが良いでしょう。
基本的に、朝は時間がないことが多いでしょうから、忙しくて飲み忘れる可能性が高いです。夕食後ですと、比較的落ち着いた時間が取れるでしょうから、ここは「毎夕食後にカルグルト」を習慣にしてしまいましょう。
しつこいようですが、肝心なのは「毎日飲み忘れない!」ことですよ。

 

毎日継続して飲んでいると、飽きてしまわないか心配な方は、アレンジレシピを活用してはいかがでしょうか。牛乳と混ぜて飲むヨーグルト風味、市販のヨーグルトに混ぜ込んだり、ジュースに加えて風味をアップさせるのも良いでしょう。
加熱をしないレシピのレパートリーを増やしたら、毎日飲むことが楽しみになりそうですね。

 

体調管理は一生ものです。腸内環境を整えて、いつまでもハツラツとした活力溢れる生活をするために、カルグルトを役立ててください。もちろん、腸内環境が好調ですと便秘も改善されますのでお肌の調子にも良い影響が出てきます。
美容と健康のために、カルグルトで毎日の乳酸菌を!

 

 

⇒ カルグルトで腸内環境を整えたい方はこちらへ

 

関連ページ

実際に体験した人の声を紹介|効果を感じる声が続々!
カルグルトの口コミを紹介します。カルグルトを実際に飲んだ人がどんな効果を感じているのか生の声をお聞きください。
カルグルトの口コミでその魅力をチェック
カルグルトの口コミを見てみましょう。カルグルトの口コミからどんな効果があるのか、どんな魅力に溢れているのかをお伝えします。
すでに発症してしまったカンジダにも有効なのか?
カルグルトは既に発症してしまったカンジダにも効くのでしょうか?カルグルトを使ったカンジダの予防効果についても検証しました。
辛い過敏性腸症候群の症状緩和に効果が期待できます
カルグルトを飲めば過敏性腸症候群の症状がいくらかは楽になるのでしょうか。カルグルトの乳酸菌と過敏性腸症候群の関係について紹介します。
カルグルトはいつ飲むのが効果的かを紹介します
カルグルトはいつ飲むのが良いのでしょう。カルグルトをいつ飲むことでよりその効果をしっかりと出すことができるかを紹介します。
わたしたちのカラダに嬉しい効果を一挙公開!!
カルグルトは私たちの体にどんな効果を発揮してくれるのでしょう。5種類の乳酸菌の働きによってもたらされるカルグルトの驚きの効果を一挙公開です!

 
TOP 販売 商品